日本古来の修復技術


陶器って
大切に扱っていても
愛用していると
割れてほしくない物から
意外と 欠けたり割れたりしませんか 007.gif 

そうなったら
どうされますか?

棚にしまう時に
ついつい 雑に扱ってしまい
白蓋碗の蓋を
ほんの少しですが
欠けさせてしまいました・・・

そのまま 使おうか悩みました

でも割れたままでは
見かけも 
茶器の衛生面でも悪い・・・
レッスンの時に お客様に使ってもらうのに
気になります


お友達のお知り合いに相談して
金つぎの修理を紹介してもらいました
初金つぎ

金つぎとは
日本の伝統的な修理方法
漆と金を使って
欠けてる部分をつくろいます

先日 1ヶ月半ぶりに帰ってきました035.gif

c0344020_09144580.jpg
c0344020_09141604.jpg


なんだか 
その金つぎされた部分が
ワンポイントで 白蓋碗が
可愛くみえる〜♡

物があふれる時代です
新しい物を買った方が安いわ〜
という考え方もあるかもしれません

ただ  長く愛用する楽しさを
大切にしたいもの〜 012.gif


これからは 
もっと丁寧に扱います!と
心に誓います・・・

ご一緒に
友人のジノリの可愛らしいカップも
金つぎで生まれ変わりました!

c0344020_09154074.jpg
右上の飲み口あたりに 
少し欠けがあったのですが・・・

c0344020_09242636.jpg
金つぎされています♡

もしも 可愛がってる陶器に
傷がついた場合は
金継ぎは 決して高価ではありません

一つの解決方法として ご検討くださいね




[PR]
by nimitsuko | 2015-06-03 09:00 | 朝茶・たそがれ茶 などなど | Comments(0)